Takahiro Ogawa

小川 貴弘

  • | 無題 Untitled |

    2015/H215×W410/ダンボール・アクリル

    絵の具を何層にも塗り重ねて描かれた重厚感のある一枚絵。
    「これでおしまい」という意味を込めて最後に塗られた、黄色とピンクの大胆な色使いが印象的な一作です。

    Many layers of paint have been applied over and over to create this massive artwork.
    “That’s it!”
    Yellow and pink colors are the last ones he painted with that feeling. The viewers are delightedly impressed by boldness in color.

  • | 無題 Untitled |

    2011/H400×W580/ダンボール・アクリル

  • | 無題 Untitled |

    2005/H480×W750/ダンボール・ジェッソ・アクリル・たこ糸

  • | 無題 Untitled |

    2010/H390×W540/画用紙・ダンボール・アクリル

  • | 無題 Untitled |

    2010/H390×W540/画用紙・ダンボール・アクリル

  • | 無題 Untitled |

    2010/H390×W540/画用紙・アクリル

  • | 無題 Untitled |

    2015/H315×W360/ダンボール・アクリル

  • | 無題 Untitled |

    2015/H165×W395/ダンボール・アクリル

小川 貴弘Takahiro Ogawa

1972年10月31日 広島県生まれ広島市安佐南区在住。
色の重なりを楽しむように描いた作品は、その色彩が豊かな世界を生み出している。クーピーやクレパス、水彩絵の具、アクリル絵の具などの画材を使い、使用する画材やその時の気分によって異なる表情の作品が生まれる。彼が表現するアートは、見る私たちにさまざまなイメージを与え、無限の空間の広がりを感じさせる。2017年には、広島のアーティストとして西条酒蔵芸術祭に参加をした。

Born on 31 October 1972 in Hiroshima
Currently living in Asaminami-ku, Hiroshima-city
He enjoys layering many paints, which brings into his artwork a world of abundant colors. The art mediums he uses are varied. Coupy, Clepas, water color, acyclic and oil paints are some of the mediums. The outcome of his art is dependent on the choice of art medium and his mood at the time of art making, which generates various expressions in his art.
The art he expresses gives the viewers all sorts of images and makes them feel infinite space. He joined the Saijo Sakagura Art Festival in 2017 as an artist from Hiroshima.

ページ
TOP